福岡の厳しい予備校で医学部合格を勝ち取る

両親に一年だけと頼み込んで浪人させてもらうことに

それでも医師になる夢はあきらめることが出来なかったため、両親に一年だけと頼み込んで浪人させてもらうことにしました。
一年限定で極限まで生活を勉強中心に過ごすためには自宅ではだめだ、予備校の寮に入ろうと決意して、福岡の校則が非常に厳しいことで知られる予備校に入学しました。
予備校には珍しく、授業や自習の際は毎回出席をチェックされますのでサボることなど出来ませんし、また寮には同じく医師を目指す仲間が非常に多く、相談し合ったり励まし合ったりしながらも、負けてたまるかという切磋琢磨する良い環境がありました。
授業も医学部受験を目指す生徒に向けたものが多く、テキストも基礎と応用がしっかりと学べる内容で、現役時代に苦手としていた教科や単元の苦手克服にも一役買ってくれました。
特に国語が苦手だったのですが、国立大学の二次試験対策で論述を強化して貰えたお蔭で、現役時代とは比較にならない程記述式の模試でも得点を取ることが出来るようになっていたのは嬉しかったです。
確実に自分の基礎学力が上がって行っていることが分かることは自信にもなり、今回は合格を狙うことが出来ると自分を信じることが出来るようになれたことが、予備校に通い出して一番変化したことだと言えます。
それでも今度受験に失敗したら医師への夢が絶たれてしまうと思うと一年の間には不安に襲われることも多く、その度にクラス担任のチューターや寮長に話を聞いてもらいました。

中学生の頃には自然と医師になりたいと望むように : 両親に一年だけと頼み込んで浪人させてもらうことに : 寮の仲間や寮長の存在も自分を励まして強くしてくれた

医学部 予備校 福岡 : 医学部予備校マニュアル