福岡の厳しい予備校で医学部合格を勝ち取る

中学生の頃には自然と医師になりたいと望むように

幼い頃に喘息を患っていたため病院は身近な場所であり、発作が出て苦しい時に医師に診てもらうだけで安心して息苦しさまで無くなるような気がしていました。
そのため中学生の頃には自然と、自分も患者さんを病気から救ってあげることが出来る医師になりたいと望むようになりました。
中学生の頃から勉強には力を入れていて、幸いにも高校は地域でトップと言われる公立高校に合格することが出来ました。
高校合格後は、ここから医学部合格を目指して頑張ろう、と決意しましたが、公立トップ校だけあり各地域から成績優秀者が集まっているため、その中で好成績を上げ続けるのは並大抵のことではなくなってしまったのです。
苦手な授業においてはついていくのがやっと、という状況も多々ありましたし、同じく医学部を目指す友人達は自分よりもはるかに成績が良く、自信喪失状態と言っても過言ではありませんでした。
そんな中で迎えたセンター試験はギリギリ合格圏内に入れるかどうか、という得点でした。
第一志望は国立大学の医学部を受験しましたが、二次試験でセンター試験の得点不足を補うことが出来るほどの得点を稼ぐことは出来ず、あっけなく不合格となってしまいました。
力試しに私立大学も二校受験していましたが、こちらもどちらも不合格という結果に終わっています。

【塾ワーク 急募求人情報】
◆医学部受験予備校 富士学院
「非常勤時間講師」
医学部合格を目指す高卒生・高校生に対する受験指導。
東京・名古屋・岡山・小倉・福岡・鹿児島 各校舎で急募教科多数!https://t.co/tDn0tchtcr #塾  #予備校  #就職  #転職  #アルバイト

— 塾ワーク (@jukuwork) 2018年8月16日

中学生の頃には自然と医師になりたいと望むように : 両親に一年だけと頼み込んで浪人させてもらうことに : 寮の仲間や寮長の存在も自分を励まして強くしてくれた

医学部 予備校 福岡 : 医学部予備校マニュアル